読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mochiko_comの子作り+αジャーナル

37歳の私と、41歳の主人。遅くなりましたが、子供をそろそろ。誰かのお役にたつような話題(?)や日々の雑感などを少々。

ばかも~~ん。

妊娠生活

そうそう、くだらないことを書き忘れました。

昨日珍しく夫がはやめに帰宅(といっても21時過ぎ)。

食事して、風呂に入って、ソファーにひっくり返って夫はテレビを見ていました。

ちらっと見たら羽田美智子さんが出ていて「バラエティにでるなんて珍しいけどなにやってるの?」ときいたら

「今夜比べてみましたで「ノーライフノー沖縄」をやっているといっていました。

 

で。

まあその前段として朝、夫が出た後ラインに、「家事に関する注意」をいろいろ送っていました。朝頼んだ家事があれもこれも言ったとおりにできておらず、すべてをやり直したということがあったからです。

注意したのに、帰宅後の家事に関して、ちっとも改善していないので叱ったばかりのタイミングという状態だったのですが、風呂に入ってすっかり忘れてしまったのか、家事の残りにも気が付かず、自分だけビールでごろんとしていた、という状況でした。

 

===

朝は、日経DUARにこんな記事もあったので送りつけていました。(ほんとそうそう!ということばっかり)

 

dual.nikkei.co.jp

 

 

抜粋し、我が家流にいいますと、

 「私が指示するまで、やるべきことに気づかない。言ったことしかやらない」(女性 36~40歳)

↑1から10まで指示しておかないと、思ってもいない余計なことをやっていることがある。

 

 「最初から最後までしない。ちょっとしたことに気づかない。なので、私がやっている家事にも気づかない。結果、自分はそれなりにやっているつもりになっている」(女性 31~35歳)

↑注意力散漫なのか私がいつもやっているようにやれないので片手落ちな完成度。

 

 「お茶わんが洗ってなくても、子どものお風呂がまだでも、先に自分だけ寝る準備ができると、周りを気にせずゆっくりとビールを飲みます。家事や子どもの世話は人ごととしてしか思えないところが不満」(女性 36~40歳)

↑よくある。いら~~とする。

 

「掃除機を隅々までかけない。料理はしてもこぼす、散らかす。排水口の生ごみやエアコンフィルターのほこり、などは見て見ぬふり。洗濯物はシワだらけのまま干す。できてないのに自分は一般の男性よりはやっている、できると自信を持っている」(女性 41~45歳)

↑洗い物のあとは、生ごみを捨て、排水溝も掃除し、水しぶきをふき上げよ

何度行ったらわかるんだ。排水溝の下のふたを開けてみろ。あれをこっちはいつもそうじしてるんだ。

 

 「自分の興味がある、称賛されるような家事しかやらない」(女性 46~50歳)

↑自分が早く風呂に入りたいときに率先して風呂を洗う。

 

====

で。

夫がテレビを見ながら

「ね~~~今度さ、行きたいところがあるんだ」

と声をかけてきました。

「沖縄」とでも言ってくれるのかと、少し期待したら

「まだ行ったことないラーメン屋いかない?ラーメン食べたいね」

もうあほか!と思って怒りマックス。

沖縄のテレビを見ていたことでこちらもちょっと期待しちゃったのがうかつでした。

そんないい旦那じゃなかった。

「自分の食い気かよ…」と思う、とがっかりしました。

「こっちはさ、今後塩分も控えていかないといけないってのにさ~何でラーメンなの?あんたの希望でしょうに」と怒り倒してみたら

「え~もともと塩分濃いじゃん。気にしてないくせに。ラーメン気にするなら普段から気にしたら?」と屁理屈まで言いやがって。

イライライライラ~~~笑

===

まあそんな夫ですので、

育休とるの?と聞いても「絶対に取らない」と言っていました。

夫が育休をとると会社にもいいことがあるんだよと説明したのですが「絶対に嫌だ」とのこと。

「じゃあさ。ちょうど夏だし、夏休みを育休ってことにしたら?会社にもいいことあるよ」と提案したら「育児のためと思われるような時期に夏休みも絶対に取りません」と断固拒否。

だから下手したら夏休みは1日も取らない(臨機応変な会社でとらないと怒られたりしない)可能性もあります。

お盆に休むことが多いのですが(取引先も休んでいるので一緒に休んでしまう)、お盆に仕事が入った場合はずらして秋に休んだり、日頃も休日出ているので秋にふっと1日休んだりも今まではしていましたが、今年は何が何でも夏には休みたくないそうです。

同僚や部下が育休産休を取ることは全く何とも思っておらず、制度を否定してるわけじゃないのですが、自分は家庭の姿を仕事で見せたくないというモットーがあり、会社に妊娠を言うのも嫌がっていたほど。

とはいえ隠しておくこともできないし、ぎりぎりに言うと社会保険担当者に迷惑もかかりますので今週どこかのタイミングで報告するようです(問題がなければ今日報告しているはず)

会社がくしくも、福利厚生などを少し変えようとしてるというタイミンクときいていたので、「妊娠報告と同時にその件についても改めて話をしてくるように」と厳しく伝言しておいたのですが・・ぬけさくな夫のこと、どこまで話をしてこれるか・・

さてさてどうなることやら、

また会社から帰ってきた夫を叱ることになるのか・・

社会保障の手続きなどは、担当者に伝えるために、一応のことを考えて旦那にも理解させようと厚生労働省のページを印刷して説明して印刷した紙も持たせたんですけどね・・ちゃんと説明できたんだろうか・・

(あたしはお母さんじゃないちゅ~の!)