読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mochiko_comの子作り+αジャーナル

37歳の私と、41歳の主人。遅くなりましたが、子供をそろそろ。誰かのお役にたつような話題(?)や日々の雑感などを少々。

いい気分から一転。ジェットコースターな1日でした。

先日、1か月ぶりの検診でした。

産科の一般的な検診コース(臨月まで続く流れ)にようやく乗っかりました。

対応してくださった先生がすご~く良い先生過ぎて、私は今までの不満をすべて払拭。満面の笑顔で「この病院にしてよかった。あたしは万難を排し、この先生のいる日に通院してやる」と誓ったほど、本当に優しくて親切でいい先生でした。

名前なんていうのかな・・わかんないし、大きい病院だから同じ先生に呼ばれるとは限らないけれど、こんなにいい先生がいたんだと思うだけで、ほっとしました。

さて

先生が腹からのエコーを見ているときに

「性別が見えたら知りたいですか?」というので「はい!」というと、

見えちゃいました。

ええ・・見えたってことは、男の子ってことです・・

私、女の子希望だったので、ここで盛大に舌打をしてしまいました。先生もびっくりされたことでしょう。。さっきまでニコニコしていた人が急に暗くなって舌打って・・。

 

先生はあまりの落胆ぶりを見て、

「またもう少し大きくなったら見てみましょうね」と言ってくれたのですが、

心の中で

「じゃ~さ、今はえてるちんちんて、あと数か月したらもげるのかよ!こんにゃろ~」みたいなかんじで、もう心はやさぐれまくりでした。

 

その後、用事があって二子玉に行ったのですが、ずっとどんよりしていて、予定をこなすことができませんでした。

ひどいでしょ_あたしって。はい、ひどい人です、否定しません。

旦那も実母も、あまりにもどんよりする私に触れられずといった空気感でした。

「ここまでだと、子供がかわいそすぎる・・」と二人とも絶句してました。

母親は、「いらないなら、じゃあおろせば?」って冷たい一言を。

まあ、本音でおろせといってるわけじゃあ~ないんですけどね、どっちも生まれたらかわいいよと言ってもどんよりしているので、見かねた模様です。

 

ついには、

「あたし働きたい、保育園に入れる!」と急に働きたい宣言まで。

「生後56日で保育園って入れるでしょ?もう働かせて~」

とじたばたじたばた。

働きたくない主義をずっと貫いている私なのに「働きたい」と言い出す姿を見て、さらに夫も実母も、苦笑い。

どんだけ女の子産む気だったんだってね。

確率は50%なのにねえ・・。

 

「もう、一人っ子はだめ!二人目すぐ生みたい!!」と思ったものの、

旦那からも実母からも「二人目も男の子かもよ」と言われ

絶望の淵に・・

 

あれから数日、少し落ち着きました。

昨日、コンバインド検査を受けたのですが(別日記で詳細書きます)、

超音波見てくれた方(医師?か技師?)に

「おちんちんて消えたりしますか?」と聞いてみたり。

先生も「え??(頭大丈夫?)」と思ったでしょうね。

「まだ小さいから、おちんちんかわからないので」と言ってくれました。

「ええ、盛大にでかい女性器だといいんですけどね」

と帰りにおもいました。

 

ていうかさ、

身体すごく小さい(まだ6センチ大)なのに、ちんちんが見えるって!!

 

実母も私も同じことを思いました

「お父さんい似てないんだね、ちんちん」と。

 

旦那に言うと、

「男の子だから、お宅の家系の顔だね。かわいそうに」と言い返されました。

 

くそ~!!!

 

コンバインド検査の話に続く。