Mochiko_comの子作り+αジャーナル

37歳の私と、41歳の主人。遅くなりましたが、子供をそろそろ。誰かのお役にたつような話題(?)や日々の雑感などを少々。

まだです

昨日は、病院。
まだ、おめでとうございますと笑顔はもらえない。
こっちも
うかれても、動揺もないから淡々としたもんです。

さて。
昨日の通院が最初でよかったんです。と、力説します。
あ、れ、生理が遅れてる、と遅延確認して一週間あたりで検査薬して、あら、病院予約しなきゃ、でも会社あるしイキナリは無理だわと、数日後に病院行けました、みたいな感じが昨日の週数ごろにあたります。

先週の血液検査の結果を改めて言われ結果用紙を渡される。
標準からしたらだーいぶ低いですが、最初に比べたらましです。
先生からは、
子宮外妊娠の可能性もありますから内診しましょう。
子宮外妊娠なら、緊急に処置が必要です、と険しい顔。
⇧卵管で破裂して激痛、緊急手術なんかもありえるそうです。

内診したら、
胎嚢が見えましたが、標準よりかなーり小さいです。
先生は、ぴくりともわらいません。
子宮外ではなく、子宮内でした。それだけ。順調だとか、そういった言葉はありません。
胎嚢が小さいから、また、様子見で細かく通院してください、とのこと。

すなわち、産科探しもしてません。子供の頃から地元ですからどこに産婦人科があり、それぞれの特徴はしっていて、調べる必要はないんですが、このあたりは、産科激戦区。
妊娠がわかったらすぐに予約しないと、気にいる産科では産めないような地域ときいています。。(セレブ病院や、いわゆるホテルみたいなサービスは希望してないません。安全で、アットホームであってほしいな位の希望です)
成長がわるいと、いろいろ面倒が重なります。。


生理が遅れて、胎嚢を子宮内に確認し、心音を確認するまで安泰とは言えず、あと、二週間くらいは様子見がわたしの場合は続きそうです。

やっぱり高齢だと、なにかと、先生たちも厳しい気持ちでみてるのかもしれません。そもそもあそこは、不妊科だしね。
普通の産婦人科ならもうちょっと明るい雰囲気なのかもしれませんが。。

そんなわけで、はっきり安泰と言えないまま通院だけを重ねています。

体調はというと、
おえー、みたいな派手なやつはありませんが、とにかく眠たい。
朝は早朝から目が覚めます。
夜は早く眠くなります。先日は23時仕事から帰宅、晩御飯食べながらねてしまいました。。汚くてすいません。
そのくらい眠いです。
昼間も眠く、仕事の効率が悪すぎます。
終わりません。

会社員だったら気が張っていてのりきれたのでしょうか?
現在のわたしは二つ仕事をしていて、一つは頭脳系創作メイン、一つは単純作業が多め。どちらも眠たいと本当に、つらいです。

仕事しながら、妊娠を望む方は小さいことですが、なかなか辛い現実だと思います。体調により、100人100色でが。。
妊娠を外部に告げてない今、いろいろ面倒があります。

出張。順調にいけばまだ不安定期、つわりピークにありまして、キャンセルを申し出ました。

義理実家の墓の草むしり(山の中広大な土地)が真夏の炎天下で行われます。義理父は私にも来て欲しいと(草むしりやらすためじゃない、はず)電話がありますが、仕事があると断りました。
断っても来て欲しいと連絡が来ます。
田舎のお父さんには、フリーランスは理解できず専業主婦と理解されてるようです。

仕事の納期。春までに仕上げたかった仕事は、諦めて延期の申し出を。。
とはいえ、うまくいけば春にはうまれますから、春から仕事をすることは不可能なんだろうから、延期はもうしでたが、むしろ急ピッチ対応しようと忙しくなりました。

計画的に妊娠したくて、よく妄想して仕事も生理していたのに、高齢は、すんなりできなかったからズレズレでした。

こんな状況です。
思ってるほど気楽じゃないです。

追記
寿司がすきなんですが、生物禁止令がでていて、寿司が食べれないのも辛いです。
生卵ごはんも好きなんで辛いです。











◼️振り返り
この時期になれば、確実に、胎嚢がみえたり、ホルモンが上がってなければはっきり諦めるとか、子宮外妊娠か、はっきりします。
あせって病院行くと面倒が増える可能性があります。