読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mochiko_comの子作り+αジャーナル

37歳の私と、41歳の主人。遅くなりましたが、子供をそろそろ。誰かのお役にたつような話題(?)や日々の雑感などを少々。

笑顔なし。

病院いってきました。
前回、多分流産します、と言われてるわたし。
さー、、どうなるか。
夫婦ともに浮かれる様はなく、なんだかんだ、出来たらやばいね、いろいろどうする?的ネガティヴ派です。
だから、まだ生きてるのかね?みたいな
感じでいます。頑張って!て、腹にはなしかけたりとかなく、引き続き夜中まで働いています。

さて。
病院では、
流産か、子宮外妊娠の可能性が高いからと、笑顔をみせてもらえずに、前回の血液検査結果を渡される。
優しい素敵な先生だから、こんな時でも笑顔見せて欲しいです。こちらは、ケロっとしてますから、先生が暗い事が今一番の重荷です。


さて、
内診すると、胎嚢なんだからただの影がわからないものが見え、判断不可。
子宮外妊娠じゃーなさそうだが、はっきり言えないとのこと。
だから、やっぱり血液検査(自費)です。

自費で申し訳ないと、謝られました。

そう、
生理が遅れて一週間以上たってから病院に行けば済む話を、わたしは一週間の遅れの中、二度も通院(採血)

わたしとしては、知らなくてよい一週間のあれこれでした。
出来ていても、だめでも。いずれはっきりしますから。。。

また、夕方ごろ結果がわかります。
妊娠継続ならまた、そく、予約だそうです。
いやいやー今週も忙しいんすよ。
予定パンパン。

出産費用は高いし、時間はとられる。
これで産めよ増せよ
一方では女子の高学歴化と、社会進出。
相反する現実だと思います。
生まれるまでのアプローチがすでに。。